駿河屋外観

手づくり市を一通り見た後は、上尾駅近辺を軽く散歩。
駅周辺は和菓子屋が多いですね。
その中から今回は駿河屋さんへ。
創業は昭和のころらしく、レトロな佇まいです。
お菓子は手土産向けのものから、団子や炭酸まんじゅうのような素朴なものまで。
全体的には地元の人に親しまれる雰囲気があります。
扉が自動ドアだったのが少し意外でした。


田舎万十、上尾さぶれ

田舎万十(まんじゅう)と上尾さぶれを購入。


田舎万十

田舎万十。
ふんわりな皮の中に粒餡。
餡は甘さ控えめで、しっとりしてて何個も食べられそう。
目立つ特徴はないけれど、こういうの大好きです。


上尾さぶれ

上尾さぶれ。
こちらはあげお市民セレクションに選ばれたお菓子。
サブレといってもクッキーではなく、白餡を薄い生地で包んだ焼き菓子です。
ちょっと分かりづらいですが、上尾市のキャラクター「アッピー」の型押しがしてあります。


アッピー

こちらがアッピー。
パッケージの方が見やすいですね。


上尾さぶれ断面

なめらかな白練餡には細かいくるみの粒入り。
食感のアクセントになっています。
程よい大きさで、餡がしっかり詰まっていて、満足感がありました。



infomation

駿河屋 Twitter










閲覧ありがとうございました。
よろしければクリックお願いします。(ランキングページへ移動します)
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村